Case_002

​ありのままを受け入れ新たな価値を生み出す場所

近鉄奈良駅近くの路地裏にひっそり並ぶ長屋があります。工藝舎という「ラブコールが絶えない日本の手仕事」をコンセプトに、これまでの伝統を革新し、新しい枠組みで工芸に関わる物や技術、そして人を取り扱う工芸総合商社のGALLERY&STORE。「みんなの手と汗と笑顔でつくる」をコンセプトにD.I.Yワークショップを開催し、108人もの人を巻き込みながらできた場所です。GALLERYとしてはもちろん、さまざまなイベントも開催されていますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

adress:奈良県奈良市高天町45番地の5

<主なみどころ>

・みんなでブロックを敷き詰めた床
 (水平に敷き詰めていく作業がかなり大変)
・みんなでワイワイ塗装した壁

・床の隙間に敷き詰めた没作品の素焼きタイル

・露わになった下地をそのまま魅せた仕上げ

・茶箱や古家具をランダムに組み合わせた壁面収納

・和に固執しない新しさを演出する木毛セメント板

​Out line

​Type

店舗デザイン

​Age

不詳

​Size

61.74㎡(18.6坪)

​Design

はちふく 福永裕美

​Bild

ミクロコスモス

 © 2018 by Fukunaga Kokuten Co.,Ltd.

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
Unknown.png